2013年07月31日

開発環境

さて。
まだまだ新作はReviewすら開始しておりません。
Waiting for Reviewってやつですな。

もうしばらく掛かりそうなので、現在は次のゲームをシコシコ作っております。
こちらは軽めのゲームになる予定(?)なので、8月中頃には配信できるかと・・・。
だと良いなぁ・・・。

ところで。

今回のアプリからプロモ動画を配信しようかと考えております。
じつはこれまでも配信していましたが、実機で遊んでいる所をビデオ撮影していましたので、画面写りが今ひとつな感じだったんです。
そこで、もう少しゲーム画面がハッキリ写るようにと、いろいろと探しておりました。

で、みつけたのが「Reflector」というアプリ。
iPhoneの画面をPCにミラーリングするというアプリ。

これを使って、PC上にiPhoneの画面を表示させ、それをPCでキャプチャーするという方式です。

ただ、「Reflector」自体に録画機能があるのですが、うちのWindows環境では正常に動作しなかったので、動画キャプチャーは「BandiCam」というアプリを使用します。

試しに実際に動作させ、キャプチャーしてみましたが、なんとか動画になっていましたね。
これは、アプリが悪いのではなく、うちの環境のせいかと思われます。

なにしろ、iPhoneの画面をそのままPC上に通信で送るので、結構なパワーが必要なようです。
そのために無線ルーターを買い換えました(笑)。
これまで使っていたのは、11nのみ対応という、ちょっと歴史を感じさせるシロモノ(笑)。

これでは遅すぎて、ミラーリングなんて出来ないので、最新の(でも安い)無線ルーターを購入しました。

でも、その無線ルーターは11ACまで使えるルーターなんですが、うちのPC、a/g/n対応なんですよね・・・。
なので150M程度の通信速度です。

あと、PC自体もCore2Duoの2.4Ghzなので、coreiとかだったらよりきれいな動画キャプチャーが出来るのでしょうが、うちのだとちょっと・・・って感じになってしまいます。

こうやって、開発環境の追加やリプレイスで、結構な金額が飛んでいってるんですよね。
気が付いたら、iPhone全機種揃ってるし(笑)。
Android端末も5台位あるし。
なのに、売り上げは・・・。

そんな訳で、プットアップサムのスマホゲームを宜しくお願いいたします。
posted by カモノハシ at 09:01| Comment(0) | 日記