2017年02月27日

RPG制作5

今回は、制作そのものからちょっと離れて、最近はまっているものを紹介。
※でも制作に関係する話題です。

正直、今更ながらの感は否めないのですが、ゲーム実況にはまっています(笑)。
特に良く見ているのが(というか殆ど、この人の実況しか見ていないですが)「弟者さん」のゲーム実況。

こちらですね。
https://www.youtube.com/channel/UC2GuoutVyegg6PUK88lLpjw

チャンネル名では「兄者弟者」となってますが、良く見ているのは弟者さん単独のものが多いです。

元々、何気にBIOHAZARD7の実況プレイ動画を見たのが始まりなんですが、それまで「ゲームは自分で遊ぶもの」と思っていた自分には、他人がクリアしていくゲームを見るのは新鮮で、また弟者さんの実況会話も非常に面白くて、ああ、こうやって楽しむのもありなんだぁ、と思ったり。
※ゲーム開発者からすると、直接は利益を生み出してくれない上に、ゲーム自体を消費されるので、その存在は難しい面もあると思いますが・・・。

そんな中、ちょっと気になるゲームの実況を視聴しています。
それは「DARK SOULS3」。
実はDARK SOULS1は手元に持っているですが、ステージ2?の骸骨にやられまくって、心折れていたんです(笑)。

ただ、今回作るRPGにおいて参考になるんじゃないか?と思い、見始めたわけですが、やっぱりちゃっと作られたゲームは面白いですね。
※コンシュマーがちゃんと作られたもので、スマホソーシャルがちゃんとしてないもの、ということではないですよ。プレイヤーのことを考えて、ちゃんと作られているか?ということです。

「DARK SOULS3」実況では、弟者さんの他に、兄者さんとおついちさんの計3名で、一人のプレイヤーが死んだら、別のプレイヤーのキャラに変更して、というローテーションでプレイ実況していくのですが、序盤は3人が3人とも、別々の系統のキャラを作成して、プレイに挑みます。

キャラの系統が違えば、当然、装備する武器やアイテムも違ってくるわけで、この辺の違いがちゃんとプレイに現れる辺りはすごく参考になりましたね。
「DARK SOULS」シリーズはアクション要素が高いので、リアルタイムに「速い」「早い」に差がつけられるので、よりキャラの特性が現れやすいなぁ、と感心したり。

今回、制作しているRPGは、
・2D
・非アクション
です。

ですが、この「キャラと装備の違いがプレイに大きな違いを産む」感じは、取り入れて行きたいなぁ、と。
※この実況動画を見る前から、そういうコンセプトではあったんですけどね。
元々、そういう方向で作ろうと思っていたRPGですが、この実況動画で「DARK SOULS3」の影響を受けているのは間違いないです。

どんな風に影響をうけたのか?受けた上で全然違うゲームになっているのか?

自分でも楽しみです。

posted by カモノハシ at 10:35| Comment(0) | 日記