2020年12月07日

RPG制作19

昨日の進捗・・・は、無し。

代わりに嫁さんにこのRPGを触ってもらいました。
どれ位、初見の人に操作が理解してもらえるか?を見るためです。

ちなみに嫁さんはゲームを殆どしません。
コンシュマーゲーム機を所持したことはありませんし、アーケードもほとんどしたことがありません。
スマホゲームも、パズルゲームをする位です。

なので、ゲーム体験というものが殆どない(もしくは、すごく偏っている)人物です。

さっそく、遊んでもらいましたが、まずキャラセレクトで詰まる。
このゲームでは職業を選べば自動的にパラメータも決定されるのですが、まず職業が何なのか?が分かっていない様子。
ドラクエやFFすらやったことないと、そうなりますね・・・。

もちろん、パラメータのことも「何それ?おいしいの?」状態。
先日、実装した説明もまったく意味をなしません。

次に装備画面。
RPGは敵と戦うゲームという認識はあったので、武器を持たせるという事は理解しているようなのですが、どうすれば装備できるか?がまるで予想できない様子。
人体画像の各部位にアイコンがあり、装備できるものがある場合はアクティブに、そうでない場合はグレイアウトさせているのですが、それが何を意味するかが理解できない状態でした。

また、武器は複数を装備できるため、装備カ所のアイコンも複数個並べてあるのですが、1つ装備したら、それで完了と認識してしまう始末。

さらにゲーム画面では、表示されている情報が多いため、何が何やらという感じでした。
肝心の移動操作も、このゲームは他のRPGと違い特殊で、どちらかというと嫁さんの好きなパズルゲーム的な操作なのですが、頭に「これはパズルゲームじゃない」という思い込みがあるのか、全然理解されてませんでした。

ゲームを進ませつつ、横で説明をしていくと、「なるほど!!」とその設置意図やメカニクスの意図に感心していましたが、画面からはそれらが伝わっていることはなさそうでした。

ということで、やはり、ゲームというのは遊ぶ方にもある程度の知識が必要なんだな、ということを再認識ました。
逆に言えば、遊びながら遊び方を説明できるゲームはすごい!ということです。

この辺りは、『「「ついやってしまう」体験のつくりかた 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ』玉樹信一郎 著 という本がすごく有益です。
元任天堂社員の方の書籍で、スーパーマリオブラザーズを例に、ゲームの遊ばせ方をどのように設計し、どのように実装したか、が書かれています。
UI/UX関連の本で、これほど分り易く、理解しやすい書籍はないと思います。

最近のゲームは、特にソシャゲは、過去のUXから外れないように作るのがメインになっていますが、それだと、新しいUXを提供するゲームの製作は難しくなります。
ゲーム業界を目指している方等は、参考になるかと思いますので、ぜひ一度、読んでみてください。

自分も再度、読み直して、嫁さんでも理解できるUXを提供できるようにしたいと思います。
posted by カモノハシ at 06:00| Comment(0) | 日記

2020年12月06日

RPG制作18

進捗報告。

装備画面の仕様バッティングをとりあえず解決。
完全には払拭できず、ですが、まあ初見の場合には分かり易くなったのではと。

ここはもう少し、他の人の意見も聞きたいところ。

それからキャラ選択画面での解説を実装。
RPGの場合、専門用語が出やすいと思います。
HPやMPなんかだと、RPGを遊んだことのある人なら共通言語として認識できると思いますが、STRとかDEXとなると・・・ちょっと悩むところ。
このゲームでは、このゲーム専用の用語も出るため、その説明が必要でした。
そこで、なんとか説明用のスペースを設けてみたのですが、効果は今一つ。

長い文章になってしまっているので、視認性も今一つ。
「読みたい」とは思わないし、面倒くさそうだし。

ここも今後、さらに改善が必要ですね。

ここまで来ると、もうUIデザインの領域も絡んできて、正直、自分の能力的に厳しいですね。
とはいえ、やるしかないので、他のゲームも参考にしながら改善していきたいと思います。
posted by カモノハシ at 08:54| Comment(0) | 日記

2020年12月04日

RPG制作17

昨日の進捗。

装備画面の改修ですが、基本は出来ました。
が、他の仕様とバッティング。

分り易くするための改修が、混乱を産むような結果が出てしまいました。
この辺りは、実装するまえの仕様検分が足りなかったですね(汗)。
※自分の制作スタイルは「とりあえず実装する」なんですが、今回は結構考えてから仕様化しているつもりですが、やはり穴はある場合もありまして・・・。

この辺り、まだまだ実力不足です。

今回の仕様バッティングに関しては、ジャストアイデアが出なかったので、引き続き考えていこうと思います。
ただ、解決策が出るまで手を止めておくのは勿体ないので、別の作業に取り掛かります。
ただし、実装は一旦、置いておくことにして、仕様(ルール)の方を纏めていこうかな。
posted by カモノハシ at 06:00| Comment(0) | 日記