2020年12月14日

操作性の前のポジションの話

自分は過去に傾け操作のゲームをいくつか作ってました。

・コロガリーマン
・忍vsゾンビ
・ニャンコバズーカ
http://thumb2.sblo.jp/archives/20141214-1.html
・ニャンコロリーニャ
http://thumb2.sblo.jp/archives/20141203-1.html

今も、幾つか傾け操作の企画を持っていますし、上記のアプリのリニューアルも考えてはいます。

なので、傾け操作のアプリがあると、気になって遊んでみるのですが、最近のゲームは、作った後にほんとに遊んだ?という印象のものが多い気がします。

ソシャゲでも傾け操作のものがあったので、遊んでみましたが、どうにも操作しづらいモノでした。
この辺りは個人の感覚もあるので、自分には合わないという判断に留めておきますが、結局、そのソシャゲはすぐにサービス終了しました。
※メンテ入って、そのまま終了だったかな?

とにかく、気持ちよく操作できないという印象で、これでアクションを遊ばせるのは厳しいだろ?という感じでした。

今回、また新たに傾け操作のアプリを見つけたので、DLして遊んでみたのですが、今回のものは操作性(操作感度)はそれほど問題はない印象でした。
自分も十分納得できる感じだったのですが・・・。

スマホって、手にもって遊ぶ時、水平にして持ちますか?
普通の人は、差はそれぞれあると思いますが、斜めにして持ちますよね?

なのに、そのゲーム、基準が水平になっているようで、普通に保持してゲームスタートすると、キャラが手前に転がってきてしまいます。
画面奥の方向に転がそうと思うと、奥側(スマホの上側)を水平よりも向こうに倒さないとダメなんですよ。

こんなのちょっと考えれば分かるというか、遊んでみればいかに不自然か、すぐに分かりますよね?
自分の作ったゲームの話で恐縮ですが、忍vsゾンビでは、ゲーム開始前のスマホの傾きをゼロ基準に取るようにしていました。
それをしないと、各個人での操作の評価が変わると思ったからです。
そもそも、傾き操作って難しいし、面倒なんですよね。
どの位傾けたら、どの位変化するのか?が非常に分かり難いし、微妙な角度の差が、如実にでたり全然でなかったり。
なので、自分のアプリではなるべく不満がでないように作りましたし、チューニングしました。

それからもう5年以上たった現在で、まだこのような造りのアプリが出るってことが不思議でした。
そのアプリ、結構大手のメーカーさんから出ています。
※現在はあまり名前を聞きませんが、昔はお世話になりました。

そういった所から出ているアプリですら、これじゃあ、ちょっと日本のゲーム作りはどうなっているの?と言いたくなります。

自分も含めて、もっとしっかりとしたものを作って、「やはり日本のゲームはよく考えられ、良く調整されているな」と自慢できるようなものにしたいですね。

あ、進捗はなんも進んでないです・・・ハイ。

posted by カモノハシ at 21:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: