2017年02月21日

RPG制作2

ご無沙汰しております、RPG制作です。

他のアプリ(自他共に)の作業に手を取られていて、大きな進捗はないのですが、戦闘とそれに関わる装備関係の仕組みを入れられようにしました。
※仕組みを入れた訳ではない、のがミソ(汗)。

ザックリとですが、
・装備画面で装備を変更→パラメータ変化
・その状態でマップ画面へ移動
・マップ上で移動中に敵と遭遇→戦闘画面へ
・戦闘ルーチン(超簡易版)により、戦闘結果
・敵を倒せばゲーム継続
・自分がやられればゲームオーバー処理

という流れが出来ました。

今後はというと、RPGのルール策定に入ります。
RPGルールとは、まあ、各種パラメータやそれらがどのような相互関係を持つのか?という、RPG本来のルール部分ですね。

今回のアプリでは、「なるべくシンプルに」「それでいて遣り込み要素がある」アプリにしたいと思っています。
また、操作自体もなるべく手数が少なく、放置系に近いイメージで遊べるようなものを考えていますので、パラメータ自体も少なくしたいと考えています。
※パラメータが多いと、それらの関係性を考えるだけで、こんがらがって来ますので。
 それが楽しいと言う人も多いと思いますが、私個人としては、もっと手軽にチャンチャンバラバラとRPGを楽しみたいのです。

そこで現状の仮策定ルールです。

まず、基本4種類のクラス(職業)があり、そのクラスによって基本パラメータが決まります。
基本パラメータは、6種類位。
ただし、一部のパラメータはスキルのような扱いにもなります。
「体力」や「敏捷性」といった個人の能力とともに、「罠を発見する」「泳ぐ」等の技術系の能力も基本パラメータとして持ちます。

その上で、装備品をとっかえひっかえして、各種能力を増減しながら、ダンジョンの各階を踏破していく、という感じのゲームになります(なるはずです)。

ですので、今回のゲームでは装備品がメインになる予定です。
この辺りがローグライクな点の一つです。

まだまだベストとは言えないルール部分ですので、プロトタイプを作りながら、しっかりと進めて行きたいと思います。

それでは、また。
posted by カモノハシ at 11:54| Comment(0) | 日記

2017年02月17日

Adobe AppBoxにて「そろえてニャ〜」を掲載して頂きました。

and_192x192.png

表題どおりですが、掲載して頂きました。

https://appbox.adobe-web.jp/%E3%81%9D%E3%82%8D%E3%81%88%E3%81%A6%E3%83%8B%E3%83%A3%EF%BD%9E/

有難うございます。

posted by カモノハシ at 11:22| Comment(0) | 日記

2017年02月03日

iOS版イケメンビーフ配信!

うお!?
気づいたら月が変わっていましたね。

という訳で、やっと、iOS版イケメンビーフが配信されました。
1/26に申請をした旨を書き込んでから、約1週間が経過しておりますが、なんでこんなに掛かったかと言いますと、二回リジェクトを喰らっていました。

と言っても、例のお肉飛び出しの件ではなく(そちらは全く問題無し。も、もちろん、分かっていましたよ)、問題はGameCenterへのデータ送信について。

要は、サーバーにデータを送る場合はプライバシーポリシーを設定しろ、ってことなんですが、AppleのGameCeterにデータを送るのに、なんでこっちがプライバシーポリシーを設定しなきゃらなんのだ!?と思い、いろいろやった結果、結局、データ送信ボタンの下に「※AppleのGameCenterサーバーにデータを送信します」という一文を入れて、解決しました。

それでは、動体視力と反射神経を試されるカジュアルアプリ「イケメンビーフ」をお楽しみください。

and_192x192.png
https://itunes.apple.com/jp/app/ikemenbifu/id1196082718?l=ja&ls=1&mt=8




posted by カモノハシ at 10:11| Comment(0) | 日記

2017年01月27日

Android版イケメンビーフ配信開始

さて。

昨日、ブログにも書きました、オリジナルカジュアルゲーム「イケメンビーフ」のAndroid版を先行公開しました!!

and_192x192.png
https://play.google.com/store/apps/details?id=air.com.putupthumb.ikemenBeaf

実は、昨日の夜、Android版の方で不具合があり、それを修正したところ、Apple側の審査も始まっていなかったので、iOS版も修正して差替え申請しました。

なので、iOS版はもう少し先(来週頭位?)になるかと思います。
もちろん、リジェクトされなければ・・・の話ですが(笑)。


ところで、今回のアプリ。
非常にシンプルなゲームで、左右から現れる牛をタップするだけなのですが、割と難しめのレベルデザインにしてあります。
なので、1回のプレイは短時間で終わると思うのですが、その分、高得点を出すと非常に気持ちが良い!
優越感に浸れる(笑)。

テストプレイで家族にもやってもらいましたが、ゲームが面白いとかではなく、とにかくアイツには負けたくない!という、意地とプライドの激突が激しかったです(笑)。

高得点出した者(息子)が、ドヤ顔で、「俺が一家の代表だ!(何の代表?)」という発言に対し、家長であり製作者である私が負けるわけにはいかない!・・・みたいな?

とにかく、動体視力と反射神経は試されるので、一度、遊んでみては如何でしょう?

自分の老いを痛感するかも・・・(笑)。

posted by カモノハシ at 12:03| Comment(0) | 日記

2017年01月26日

新規アプリ、Appleの審査へ

ご無沙汰しております。

前回(もう二週間程前なんですね・・・)の記事でも書きましたが、随分前から作りかけだったアプリを、チャチャとまとめ直して、今回、Appleに申請しました。
既に審査待ちの状態なんですが、恐らくリジェクトされると思います。

なぜなら・・・。

その前に、このアプリの紹介。

----------------------------------------------------
■イケメンビーフ
画面左右から現れる、メタボな牛をタップして、元のイケメンな牛に戻してあげよう。

牛は画面から居なくなる前にタップしないと1ミス。

また時々、牛にままぎれて羊が登場するけど、タップしちゃダメ!
間違ってタップすると怒られるよ。
もちろん1ミス。

3ミスでゲームオーバー。

沢山の牛を元のイケメンに戻してあげると、イケメンからお礼の言葉が。

どれだけの牛をイケメンに戻せるか、挑戦してくださいね。
------------------------------------------------------

という、非常にシンプルなカジュアルミニゲーム。

とにかく、牛をタップするだけ!
牛「だけ」をタップするだけ!

でもね、わらわらと現れる牛をリズム良くタップしていると、混じってくるわけですよ。
羊さんが!
もちろん、羊さんはタップしちゃだめ!

画面を良く見て、素早く判断してタップして下さい。

さて。
リジェクトを喰らうであろう理由ですが・・・。
アイコンを見てもらえば分かるかな。

and_192x192.png

タイトルが「ビーフ(牛肉)」の訳はこれですな(笑)。

そう。
イケメンに戻るためにダイエットって、マジで文字通り、身を削ってますがなぁ!(笑)。

いやいや。
違う違う。
牛肉を切り出しているんじゃなくて、背中のポッケから生ハムを取り出しただけ、なんだってば。
Appleの中の人!

見てる?聞いてる?
あれ、生ハムなんですって。
決して、流血沙汰じゃないんだから、そこんとこ、よ〜く考えてね。
バイオレンスもホラーも、な〜んにも無いんだから。

だって、生ハム取り出しただけなんだから。

それじゃ、審査の結果、楽しみにしています。


posted by カモノハシ at 14:52| Comment(0) | 日記